あなたの身近なオステオパス

JOA入会案内

国内セミナーのスケジュール

HOME > JOA主催セミナー:国内セミナーのスケジュール


2017
1月より新しく始まるセミナーです
第3日曜日ストレイン/カウンターストレインセミナー基礎編
(10回シリーズ)


第4日曜日にオステオパシーの哲学と理論セミナー(10回シリーズが始まります)
MROJ受験を考えてる方はぜひ受講していただければと思います。

セミナーのタイトル一覧
タイトル シリーズ回数 講師
頭蓋セミナー初級・上級クラス (10回シリーズ) 正治 健人
直接法セミナー四肢編 (8回シリーズ) 小嶋 智
ストレイン/カウンターストレインセミナー(臨床応用編) (3回シリーズ) 中島 性基
 ★オステオパシーの哲学と理論セミナー  (10回シリーズ)  黒田 泰雅
 ★ストレイン/カウンターストレインセミナー
(基礎編)
 (10回シリーズ)  中島 性基

  ★は新しくスタートするセミナー
---


 

頭蓋セミナー初級クラス・上級クラス(10回シリーズ)

2016年5月〜2017年6月

 


講師
正治 健人
MRO(J)

参加資格と費用

JOA会員          9,000円            
JCO学生・JCO新卒のJOA会員  5,000円
医療資格養成校学生    11,000円
JOF所属団体会員      13,000円
PAAC正会員・準会員、UCC 16,000円
一般(医療国家資格有資格者)16,000円

日付/時間

第1日曜/午前10時〜午後4時

セミナー会場

JCO教室1F(9:30より受付)

テキスト

「顔面と顔面頭蓋のマニュピレーションテクニック図説」
※セミナー会場でテキストを販売致します。セミナーを受講される方は、テキストを購入されることをお勧めします。

主催 ジャパン・オステオパシック・サプライ
お問い合わせ 03-5344-9069

※定員に達しましたので募集は締め切りました。
もっと詳しく

講師コメント

頭蓋の施術といえば、日本国内では頭蓋仙骨療法(CST)が有名かと思いますが、 このセミナーでは、純粋な「頭蓋オステオパシー」を学んでいきたいと思います。
今回は第15回目までの内容は初心者の方向けの基礎レベル、610回目までの内容はそこから先の応用レベルというように、内容がレベル分けをされていますので、頭蓋領域の施術が全く初めてという方でも、順を追って学んでいくことでしっかりと理解できる形になっております。また、これまでのセミナーよりも少し踏み込んだ内容学びたいという方にもオススメの講義となります。

皆様と一緒に学べることを楽しみにしております。


講義スケジュール ※進行状況によって講義内容が前後する場合がございます。

終了 第1回 5月1日 概論、触診、動きを感じる
終了 第2回 6月5日 CV-4、ヴィーナスサイナス、セットアップ
終了 第3回 7月3日 後頭骨・頭頂骨(その1)
終了 第4回 9月4日 側頭骨・前頭骨(その1)
終了 第5回 10月2日 蝶形骨(その1)、頭蓋病変
終了 第6回 11月6日 顔面骨概論、上顎骨、頬骨
終了 第7回 12月4日 その他の顔面骨
終了 第8回 2017年2月5日 TMJ・後頭骨・頭頂骨(その2)
終了 第9回 3月5日 側頭骨・前頭骨・蝶形骨(その2)
→ 第10回 7月2日 副鼻腔の廃液、亜種の頭痛、脳神経問題


 

直接法セミナー四肢編(8回シリーズ)

2016年6月〜2017年5月

 


講師
小嶋 智
MRO(J)
JOA会長

JOF理事

参加資格と費用

JOA会員          9,000円            
JCO学生・JCO新卒のJOA会員  5,000円
医療資格養成校学生    11,000円
JOF所属団体会員      13,000円
PAAC正会員・準会員、UCC 16,000円
一般(医療国家資格有資格者)16,000円

日付/時間

第2日曜/午前10時〜午後4時

セミナー会場

JCO教室1F(9:30より受付)

テキスト

「関節の痛み」「オステオパシー・テクニック・ハンドブック」
※セミナー会場でテキストを販売致します。セミナーを受講される方は、テキストを購入されることをお勧めします。

主催 ジャパン・オステオパシック・サプライ
お問い合わせ 03-5344-9069

※定員に達しましたので募集は締め切りました。
もっと詳しく

講師コメント

四肢関節へのメンネルの操作法は基本中の基本です。この基本的なテクニックをメインにし、イギリスのハートマンDOの複数の動きを使った限界領域手前でのバリアの構築と操作を学んでいきます。
関節の操作法とともに周りの軟部組織へのアプローチなども必要になってきますので、この軟部組織にも焦点をあてて講義していきます。
直接法の技術が上達すれば筋肉エネルギーのテクニックも有効的に
使えるようになり、バリアが解ることによって間接法の技術も向上します。

オステオパシーを初めて学ぶのにはまず直接法の理解からスタートすることをお勧めします。

講義スケジュール ※進行状況によって講義内容が前後する場合がございます。

終了 第1回 6月12日 手指骨・中手骨
終了 第2回 7月10日 手関節・肘関節
終了 第3回 9月11日 バリアテクニックでのコンポーネント・軟部組織・肩関節・スペンサーテクニック
終了 第4回 11月13日 鎖骨・肩甲骨
終了 第5回 12月11日 肩甲骨・足指・足部
 終了 第6回 2017年
2月12日
足関節
終了 第7回 3月12日
→ 第8回 5月14日 股関節・ペルビックスタビライゼーション


 

オステオパシーの哲学と理論セミナー(10回シリーズ)

2017年1月〜2017年11月

 


講師
黒田 泰雅
MRO(J)

参加資格と費用

JOA会員          9,000円            
JCO学生・JCO新卒のJOA会員  5,000円
医療資格養成校学生    11,000円
JOF所属団体会員      13,000円
PAAC正会員・準会員、UCC 16,000円
一般(医療国家資格有資格者)16,000円

日付/時間

第4日曜/午前10時〜午後4時

セミナー会場

JCO教室1F(9:30より受付)

テキスト

オリジナルプリントを配布

主催 ジャパン・オステオパシック・サプライ
お問い合わせ 03-5344-9069


もっと詳しく

講師コメント

A.T.スティルは「解剖を学べば、おのずと治療法はわかる」として、オステオパシーの哲学等を教え、テクニックは教えませんでした。
今回のセミナーではオステオパシーを学ぶ者にとって必要な哲学(考え方)、機能解剖を学んでいきます。
それらを使ってどこが悪いのか、どの様に施術を行うかを学ぶ事により施術効果を高め、オステオパスとしてのレベルアップに繋げます。
特殊な用語も多いオステオパシーを、これから学ぼうという方にも最適です。またテクニックのセミナーを受講されている方、MRO(J)の受験を考えている方にもぜひ学んで頂きたいです。


講義スケジュール ※進行状況によって講義内容が前後する場合がございます。

終了 第1回 1月22日 オステオパシーの歴史・哲学、OMTの基礎
終了 第2回 2月26日 脊柱(頚椎、胸椎、腰椎)
→ 第3回 3月26日 骨盤
第4回 4月23日 胸郭、肋骨、胸骨
第5回 5月28日 肩、鎖骨
  第6回 6月25日 肘、前腕、手、股関節
第7回 7月23日 膝、下腿
第8回 9月24日 リンパ、筋膜
第9回 10月22日 頭蓋オステオパシー(イントロダクション)、脳神経
第10回 11月26日 自律神経・臨床の重要性



 

ストレイン/カウンターストレインセミナー(基礎編)(10回シリーズ)

2017年1月〜2017年12月

 


講師
中島性基
MRO(J)
JOA理事

参加資格と費用

JOA会員          9,000円            
JCO学生・JCO新卒のJOA会員  5,000円
医療資格養成校学生    11,000円
JOF所属団体会員      13,000円
PAAC正会員・準会員、UCC 16,000円
一般(医療国家資格有資格者)16,000円

日付/時間

第3日曜/午前10時〜午後4時

セミナー会場

JCO教室1F(9:30より受付)

テキスト

「Dr.ジョーンズのストレイン/カウンターストレイン」※テキストは当日販売いたします。ご入用の方は申込書にご記入の上お申し込みください

主催 ジャパン・オステオパシック・サプライ
お問い合わせ 03-5344-9069
もっと詳しく
※定員に達しましたので募集は締め切りました。

講師コメント

近年、基本をしっかり学び続けることがどれほど重要であるかを痛感しております。実際に以前SCSを学び、それを基に久しぶりに臨床応用編に参加された先生方と、常に基礎編に継続して参加されている先生方との触診能力の差はとても大きいと感じておりますし、また、数年前の技術でアップデートの無い長年ご経験がある先生方よりも、前回の基礎編から初めて参加された先生のほうが触診も技術も優れているというケースも少なくありません。それはこの基礎編セミナーでは形を正確に覚えていただくのはもちろん、すぐに臨床で活用できるよう、臨床時における微調整の指導にも力を入れているからです。
SCSほど、ポジショニングにおいての最後のほんのわずかな微調整で効果が大きく変わってしまうテクニックはありませんので、しっかりできている先生と、できているつもりのまま終わってしまう先生がいらっしゃるのが実情なのです。初めてSCSを学ばれる方はもちろん、上級者の方、経験者の方もぜひSCSの奥深さを再確認していただきたいと思います。


講義スケジュール ※進行状況によって講義内容が前後する場合がございます。
終了 第1回 1月15日 基本概要 骨盤(仙腸関節、仙骨)
終了 第2回 2月19日 骨盤(大腿骨関連の筋)
→ 第3回 4月16日 腰椎
第4回 5月21日 胸椎・肋骨
第5回 6月18日 頚椎
  第6回 7月16日 膝、足首
第7回 8月20日 足首と足
第8回 10月15日 肩、肘、手首と手
第9回 11月19日 頭蓋
第10回 12月17日 頭蓋(顎関節)、臨床的に組み立てた総復習


---

 

  

ページのトップへ